Carl Perkins & Friends 『Blue Suede Shoes』

ここは[Carl Perkins & Friends 『Blue Suede Shoes』] の記事のページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Carl Perkinsとロック界のスター達による夢の共演DVD ♪本文末に関連動画有

■ 前回Carl Perkinsの記事を書いたんですが、とっておきの映像作品を紹介するのをうっかり忘れていました。なので今回紹介します。それは何かと言うと、カール・パーキンスと彼を慕うロック界のスター達による夢の共演DVD『Blue Suede Shoes:A Rockabilly Session』です。

Blue Suede Shoesソースは、「Blue Suede Shoes」('55年作曲)誕生30周年を記念して'85年に制作されたイギリスのテレビ番組でのライヴで、集まったスターの顔ぶれがまた凄いんです。Eric ClaptonGeorge HarrisonRingo StarrDave EdmundsRosanne Cashそしてストレイ・キャッツからSlim Jim PhantomLee Rocker等が参加して、最高のロカビリー・セッションが繰り広げられています。
特に、ジョージ・ハリスンが完璧なロカビリー・ギターでプレイするビートルズ時代のカヴァー曲「Everybody's Trying To Be My Baby」や「Your True Love」、カール・パーキンスエリック・クラプトンの2人が共演した最高にエキサイティングな「Mean Woman Blues」、カール・パーキンスが講師を務め出演者全員が参加するロカビリー講座?でのメドレー等が観どころでしょう。出演者全員が嬉々としてカール・パーキンスとのセッションを楽しんでいる様子が記録されています。
あと、映像に出てくるシーンは少ないんですが、'84年のストレイ・キャッツ解散後スリム・ジム・ファントムリー・ロッカーが結成したPhantom, Rocker & Slickのギタリスト、Earl Slick(アコースティック・ギター)やカール・パーキンスの二人の息子Stan Perkins(ドラム)とGreg Perkins(ベース)等の姿も確認できます。

人気のロック・ミュージシャンが多数出演しているので、各自お気に入りのアーティストの名演はどれも必見かもしれません。ただし、ここでの主役はやはりカール・パーキンスです。デビューから30年経っても、ある意味全盛期以上に迫力を増したヴォーカルにはシビレます(ホント凄い)。

ただ単にロカビリーの映像を楽しみたいという人にも、筋金入りのロカビリー・アーティスト、カール・パーキンスの偉大さを再確認したいという人にもおすすめのDVDです。
なお、音だけを楽しみたいという人には同名のCD『Blue Suede Shoes: A Rockabilly Session』という作品もあります。

(収録曲目)
※()内はリード・ヴォーカル。なお、前回の記事で詳しく触れた曲については、ここでの説明を省略していますので前回の記事[“King of Rockabilly”Carl Perkins]を参照して下さい。
① Boppin' the Blues(Carl Perkins)
② Put Your Cat Clothes On(Carl Perkins)
③ Honey Don't(Ringo Starr)
④ Matchbox(Eric Clapton/Carl Perkins)
ここではEric Claptonがギターのみならず、歌でも魅力を発揮しています。
⑤ Mean Woman Blues(Eric Clapton/Carl Perkins)
超一流の白人Bluesギタリスト、Eric Claptonのエキサイティングなギターがすこぶるカッコいい。ちなみにこの曲のオリジナルはElvis Presleyで、自身の主演映画『さまよう青春』('57年)の挿入歌だったもの。
⑥ Turn Around(Carl Perkins)
Carl Perkinsのデビュー曲「Movie Magg」のB面として発表されたカントリー・バラード。
⑦ Jackson(Carl Perkins/Rosanne Cash)
Carl Perkinsにとっては大の親友でRosanne Cashの父、Johnny CashがJune Carter('68年に2人は結婚)とのデュエットでグラミー賞に輝いたヒット曲('67年C&W2位)のカヴァー。ちなみにこの曲のオリジナルは、作者のBilly Ed Wheelerの'63年の曲。
⑧ What Kinda Girl?(Rosanne Cash)
Rosanne Cashの'81年のアルバム『Seven Year Ache』に収録されていた曲。
⑨ Everybody's Trying To Be My Baby(George Harrison)
⑩ Your True Love(Carl Perkins/George Harrison/Dave Edmunds)
3人が交代でリード・ヴォーカルを務める名演で、前曲同様George Harrisonの完璧なRockabillyギターが聴けます。
⑪ The World Is Waiting For The Sunrise(インスト)
Les Paul & Mary Fordのヒット曲('51年全米3位)を取り上げた、ギタリストCarl Perkinsの面目躍如と言える、Les Paulスタイルのグレート・パフォーマンス(必見!)。Carlのギター・プレイを隣で食い入るように見ているGeorge Harrisonの姿が印象的です。なおこの曲は、元々Gene LockhartとErnest Seitzによって1919年に作られたポピュラー・ソング。
⑫ Medley(Carl Perkins)
That's Alright MamaBlue Moon Of KentuckyNight Train To MemphisAmen
ここから最後までは出演者全員によるパフォーマンスになります。最初のElvisのSun Rockabilly2曲では、前者がGeorge Harrison、後者がEric Claptonによる間奏の絶品ギター・ソロが聴けます。特に、完全にScotty MooreになりきったGeorgeのRockabillyギターは必聴!続く3曲目はRoy Acuff & His Smoky Mountain Boysの'42年の曲で、最後はタイトルを繰り返すフレーズだけですが、偉大なるSoulシンガーOtis Reddingの'68年のヒット(全米36位、R&B15位)でも有名なトラディショナル・ソングのカヴァー。
⑬ Glad All Over(Carl Perkins)
⑭ Whole Lotta Shakin' Goin' On(Carl Perkins)
Jerry Lee Lewisの'57年全米3位曲として有名な曲のカヴァー(オリジナルは'54年のThe Commodores盤)。
⑮ Gone, Gone, Gone(Carl Perkins)
⑯ Blue Suede Shoes(Carl Perkins)


※ DVDBlue Suede Shoes:A Rockabilly Session』の詳細・購入こちらでどうぞ。

※ iTunes Storeカール・パーキンスの曲をダウンロードする場合はこちらでどうぞ(試聴可)。1曲から購入できます。iTunes(無料)がインストールされていない場合は、アプリケーションのダウンロード・ページが開きます。
■ 今回の無料動画はサンプルという訳ではありませんが、先に紹介したDVDからのカットを紹介しましょう。曲は12曲目に収録されている「That's Alright Mama」~「Blue Moon Of Kentucky」~「Night Train To Memphis」~「Amen」のメドレーです。

繰り返しになりますが、ここではジョージ・ハリスンのスコッティ・ムーア・スタイルのギター・プレイが白眉で、また何よりもパワフルなカール・パーキンスのヴォーカルが圧巻です。この時既に御歳52、3ですから恐れ入ります。
そして、このロカビリー講座?のシーンでは全員が生き生きとプレイして実に楽しそうだし、カール・パーキンスへの敬愛ぶりがひしひしと伝わってきます。いや~本当に素晴らしい光景ですよね。

それでは、カール・パーキンスと彼の信奉者達によるアット・ホームなロカビリー・セッションをご覧下さい。

[トップ・ページへ] [他の記事を読む] [他の動画を観る]
スポンサーサイト



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
Blue Suede Shoes
この曲も好きな曲です♪
いろんな人がカヴァーしているのでしょうか?
2007/12/03(月) 11:01 | URL | ケロコ #yvBXw2pY[ 編集]
One for the money...♪
ホント、カッコいいですよね「Blue Suede Shoes」。

この曲のカヴァーですか。カール・パーキンスと同じ年にカヴァーした人には、エルヴィスとエディ・コクラン、バディ・ホリー、シド・キング、そしてボイド・ベネットなんかがいますよ。その後は多くのアーティストが歌ってますよね。
2007/12/04(火) 01:31 | URL | sugarboy #L/3l8JBE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://50soldies.blog102.fc2.com/tb.php/42-9fb2527c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。