Japanese Rockabilly

ここでは[Japanese Rockabilly] に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

♪本文末に記事に関連した動画有
本邦初のエルヴィス・カヴァー盤誕生とロカビリー・ブーム爆発前夜

■ 前回は、日本で初めてロックンロールのカヴァー・レコードが発売されたけれど内容的にはちょっとロックンロールとは言いがたい、というところまでで話しを終えましたが、今回は遂に名目だけのロックンロール・カヴァーでない名実共に兼ね備えた日本語カヴァー盤の登場です。

時は'56年6月、曲はエルヴィス・プレスリーの「Heartbreak Hotel」、歌ったのはもちろん我らが小坂一也とワゴン・マスターズ
肝心の曲はどうかと言いますと、スティール・ギターが入っててC&Wの名残がありますが、エレキ・ギターも頑張っておりこれはもう完全にロックンロールです(必聴!)。エルヴィス・プレスリーの「Heartbreak Hotel」が日本で発売されたのが同じ'56年6月だから、彼らの行動の素早さにもビックリしますよね。
ちなみに私は観た事ないんですが、'57年1月公開の小坂一也主演映画『星空の街』では劇中この曲が歌われているそうです(望むDVD化)。

また、同年9月に行なわれた彼らのコンサート“小坂一也リサイタル”ではC&W曲が数曲続いて場内がややダレ気味になった際に「ハートブレーク・ホテル」を歌って、超満員の観客3千人(8割が若い女性)を熱狂させたというエピソードも残されています。まさにわが国初のロカビリー・スター誕生って感じじゃないでしょうか。

以降彼らは「アイ・ウォント・ユー・アイ・ニード・ユー・アイ・ラヴ・ユー」、「冷たくしないで」(原題「Don't Be Cruel」)、「君を求めて」、「優しく愛して」(原題「Love Me Tender」)、「オール・シュック・アップ」、「テディ・ベア」、「監獄ロック」(原題「Jailhouse Rock」)他エルヴィス・プレスリーの日本語カヴァー盤を数々発表していきます。
そのほとんどがまだ“ロカビリー三人男”がデビューする前で、ここに小坂一也が最初に“和製プレスリー”と呼ばれた所以があるのです。

ここで『ワゴン・マスター 1954』に未収録のおすすめ曲が収録されているCDを2枚紹介しておきましょう。

CD:[試聴/Tower Records] [amazon]
コロムビア音得盤シリーズ 小坂一也まずは『コロムビア音得盤シリーズ 小坂一也』。全10曲の内、先に紹介した2枚組CDとダブっている曲が7曲もあるのになぜあえて紹介するかと言うと、彼らの貴重な最初のエルヴィス・カヴァーハートブレーク・ホテル」と超傑作ロカビリー「監獄ロック」('58年2月)が収録されているからなんです。

監獄ロック」と言えば'58年3月発売の平尾昌章(“ロカビリー三人男”の一人)の2ndシングル(タイトルは「かんごくロック」)が有名かもしれませんが、こちらは彼のバンド、オールスターズ・ワゴンの演奏ではなく、ビッグ・バンドのシャープス・アンド・フラッツの演奏で録音されているため前回の江利チエミではありませんが、R&Bともジャズとも言えない様な伴奏になっていて今ひとつロックンロールになりきってない感じがします。
せっかく平尾昌章のヴォーカルが最高にロックンロールしてるのにもったいない(歌は小坂一也よりワイルド)。もし、オールスターズ・ワゴンの演奏で録音していたら間違いなく傑作ロカビリーとなっていたでしょう。

それに対して小坂一也とワゴン・マスターズ盤はどうでしょう。何とビックリ、完全にロカビってます。ベースはスラッピング奏法だし、ギター・ソロも超カッコよくキマッてます(必聴!×∞)。
それにロカビリーでよくある、バンド・メンバーによる叫び?わめき?入り(笑)。
前回触れたように'57年11月の「オール・シュック・アップ」では本邦初のヒーカップ唱法を披露した彼らが、今度は日本のロカビリー史上初めてスラッピング・ベースで録音しています(残念ながらマンブリング唱法は後の平尾昌章までおあずけ)。
この曲でもスティール・ギターが使われていますがワイルドに演奏されてるせいか、この曲を聴くと小坂一也と同じカントリー畑のCurtis Gordonのロカビリー曲を連想してしまうんですよね。
なお、当時発売されたその他の「監獄ロック」のカヴァー盤には小坂一也ともジョイント・コンサートを行なった、“カリプソ娘”こと浜村美智子による迷!?カヴァーもあります('58年2月)。

次に紹介するCDは『優しく愛して』です。全23曲のほぼすべてがカヴァー曲でエルヴィス・カヴァーは7曲含まれてます。なお、「君を求めて」、「ヤング・ラブ」、「風来坊(の唄)」(原題「The Wayward Wind」、オリジナルは'56年全米1位のGogi Grant盤)、「さすらいの旅人」(和製C&W)の4曲はすべて再録ヴァージョンのため、先に紹介した2枚組CDとダブっている曲はありません。

エルヴィス・プレスリーの傑作ロッカ・バラードに挑戦した「アイ・ウォント・ユー・アイ・ニード・ユー・アイ・ラヴ・ユー」、アコースティック・ギターも歯切れよくオリジナルよりロカビリー風味の「冷たくしないで」、エルヴィスを彼なりに目いっぱい意識して歌っているのが分かる「優しく愛して」等のエルヴィス・カヴァーや当時日本でも多くのロカビリー系C&Wバンドがレパートリーにしていた「ブルースを唄おう」(原題「Singing The Blues」、オリジナルは'56年全米17位、C&W1位のMarty Robbins盤)、ポップ・カントリーといった趣の「ドント・フォービッド・ミー」(オリジナルは'56年全米1位のPat Boone盤)等が聴き所でしょう。

ロックンロールではないのですが、本盤収録の晩年のオリジナル名曲「今、いちばんのありがとう」('91年作、アリナミンAのCM曲)を聴くにつけ、'97年11月1日に天国へ旅立った彼がいかに偉大な歌手であったかを痛感させられます(合掌)。

※ そういえば『優しく愛して』はCD-Rです。付属の解説には“家庭用CDプレーヤーにによる再生をお奨めします”と書かれてますが、私のCDプレーヤーではなぜか再生できませんでした。パソコンでは再生できます。購入の際はその点くれぐれも注意して下さい
[わが国初のロカビリー・スター、小坂一也 ~その2~]の続きを読む
スポンサーサイト



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

和製プレスリー第1号 ♪本文末に記事に関連した動画有

■ 前回まで数回にわたりロックンロールの原点としてElvis Presleyの記事を連載しましたが、今回はわが国のロックの原点とも言うべきアーティストを紹介したいと思います。
エルヴィス・プレスリーがすべての始まりだとしたら、やはり日本で最初にエルヴィス・プレスリーの曲を取り上げてスターの座についた小坂一也こそがわが国初のロカビリー・スターという事になるでしょう。偶然にも'35年生まれの同い年!

という事でまずCDの紹介ですが、彼の場合“この1枚”(あくまで日本のロカビリーという観点から)と言えるものがないので今回まず基本となるCDを紹介し、次回その他にぜひ聴いて欲しい曲が収録されているものを何枚か紹介します。

CD:[試聴/Tower Records] [amazon]
ワゴン・マスター 1954その基本の1枚がこれ『ワゴン・マスター 1954』(1枚というか2枚組ですが...)。小坂一也とワゴン・マスターズとしてのデビュー曲「ワゴン・マスター」等の和製C&W、本場アメリカのC&Wやロックンロールの日本語カヴァー、そして彼のもうひとつの側面とも言えそうな古賀政男作品を含む青春歌謡曲の数々が'54年から'69年までの録音で全50曲収録されています。
戦後日本が生んだ偉大な歌手、小坂一也のキャリアを集大成した決定盤と言えるでしょう。

和製C&Wも“なるほど”と思える出来ですがやはり彼の本領発揮と言えるのはC&Wやロックンロールの日本語カヴァー群でしょう。特にロックンロール系の曲は日本におけるロック史あるいはロカビリー史を知る上でもかなり興味深い仕上がりになってます。
この時代のロカビリー系C&Wバンドに共通するんですが、本来ロカビリーと言えない様な楽曲(例えばPaul Anka等のポップス系やRCA期のエルヴィスのR&R等)を取り上げても当然カントリー・チックに演奏するので意外とロカビリー風味になったりしてるんですよね。

では、ロックンロール・カヴァーを中心に主要曲について簡単に触れておきましょう。
エルヴィス・プレスリーもサン時代に録音した「君を求めて」('57年1月和製C&W「さすらいの旅人」のB面曲、原題「Trying To Get To You」)は小坂一也自らも好きな曲の一つとしてあげている通り、かなり熱が入ったシャウトぶりがGOOD。また、ギターもなかなかカッコいい演奏を聴かせてます(堀威夫?)。
映画俳優のTab HunterやC&WシンガーSonny James、はたまたドゥー・ワップ系白人コーラス・グループThe Crew Cutsを始め数多くのカヴァーを生んだポップなカントリー曲「ヤング・ラブ」(それぞれ'57年全米1位、2位、17位)。小坂一也もダーク・ダックスのコーラスをバックに'57年6月に発表しており抜群の歌唱力で雰囲気よく仕上げてます(やはりカントリー系の歌は絶品!)。
ちなみにこの曲はロカビリー・シンガーRic Carteyが'56年のデビュー曲「Oooh-Wee」のB面で発表したものがオリジナル(A面はカッコいいロカビリー)で、作者は彼と彼のガール・フレンドCarole Joynerです。
エルヴィス・プレスリーの全米TOP曲「オール・シュック・アップ」は'57年11月にカヴァーしていますが、これはオリジナルよりロカビリーっぽく仕上げられていてかなりの出来です。なんとこの曲ではオリジナルにないヒーカップ唱法を披露しており、またギターもオリジナルよりロカビリー風に演奏されてるんです。おそらく日本のロカビリー史上初めてヒーカップ唱法を使って録音された曲ではないでしょうか(必聴!)。
日本でも当時人気があった、ポップなロックンローラーCharlie Gracieの'57年全米1位曲「バタフライ」とそのB面「恋の九十九手」(原題「Ninety-Nine Ways」)もそれぞれ'57年8月と12月にカヴァーしており、原曲のもつポップな部分も上手く再現しています。結構この手の曲好きなんですよね~。
'58年2月にカヴァーしたエルヴィスの「テディ・ベア」もオリジナルよりロカビリーっぽく仕上げています。この'58年2月というのは8日から16日にかけて第一回“日劇ウエスタン・カーニバル”が開催された月でもあり、そこで一躍全国にその名を知らしめることとなった“ロカビリー三人男”の一人、ミッキー・カーチスもすかさず同月デビュー・シングル「月影のなぎさ」(原題「Moonlight Swim」、オリジナルは'57年全米24位の映画俳優Anthony Perkins盤)のB面において「小熊のテデー」のタイトルで「Teddy Bear」をカヴァーしています(こちらもワイルドで○)。
'65年の再録ヴァージョンの「ハートブレーク・ホテル」は'56年発表のもの(本CD未収録)より完成度としては高いでしょう。小坂一也のヴォーカルもエルヴィスっぽく歌われてるし、バックを務めたジャッキー吉川とブルー・コメッツの演奏も流石オリジナルをほぼ忠実にコピーしてます。

その他の主なカヴァーは、エルヴィスも取り上げた、Fats Dominoの大ヒット曲「ブルーベリー・ヒル」(全米2位、R&B1位、オリジナルは'41年Gene Autry)、Roy Clarkのギターもイカす'56年のプリミティヴなロカビリー「Hot And Cold」を歌ったMarvin Rainwaterのカントリー曲「恋を運ぶ青い鳥」(原題「Gonna Find Me A Bluebird」、全米18位)等です。
そしてカントリー・ファンにおすすめなのが、小坂一也自身のLefty Frizzellに次ぐアイドルとなった伝説のC&WシンガーHank WilliamsのC&W1位曲3連発「カウライジャ」('53年)、「コールド・コールド・ハート」('51年)、「ロング・ゴーン・ロンサム・ブルース」('50年)のカヴァーです。特に'59年3月発表の後者2曲は絶品!

全50曲の収録曲の内、小坂一也とワゴン・マスターズによる作品は約半数の30曲ですが、当時日本一の人気を誇ったC&Wバンドの作品は日本のカントリー史やロカビリー史上重要であるばかりでなく、彼らの実力もまた一流であったことを如実に証明しています。
日本におけるカントリーやロカビリーのルーツに興味がある方にぜひおすすめです。
[わが国初のロカビリー・スター、小坂一也]の続きを読む


  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。