Movie

ここでは[Movie] に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

♪本文末に記事に関連した動画有
50'sロックンロール映画の大傑作 『The Girl Can't Help It』

■ この度50'sロックンロール映画の大傑作『The Girl Can't Help It』(邦題『女はそれを我慢できない』)が、めでたく国内盤DVDとして発売されたので早速紹介したいと思います。
本筋はおとぼけ俳優Tom Ewellとグラマー女優Jayne Mansfieldによるラブ・コメディーなんですが、オールディーズ・ファンには、当時のロックンロール・スターが大挙して出演したロックンロール映画としての印象が強いかもしれません。

女はそれを我慢できない一応この映画『女はそれを我慢できない』のストーリーについて簡単に触れておくと、主人公の芸能プロモーター(トム・イーウェル)が知り合いのギャング(エドモンド・オブライエン)から自分のフィアンセ(ジェーン・マンスフィールド)を6週間でスター歌手に仕立てるよう頼まれて、超音痴(変な歌声)なその女性をスターにすべく奮闘するうちに、プロモーターと女性が互いに惹かれていく、というものです。
ありきたりかもしれませんが、ストーリー自体も面白おかしく進展していくし、随所に“ベタ”なギャグも散りばめられていて結構楽しめます(オリジナル劇場予告編の特典映像付)。なお、本作は本国アメリカで'56年12月に公開された映画です。

もちろん映画としてもいいんですが、やはりオールディーズ・ファンの注目点はロックンロール・スターによる歌唱シーンの数々でしょう。当時としては貴重なカラー映像で観れるのでなおさらです(しかもクリア)。
参考までに映画『The Girl Can't Help It』に出演したアーティストと劇中で披露した曲をオリジナル盤発売年やチャート順位等と共に記しておきます(ロックンロール系歌手のみ)。

Little Richard
「The Girl Can't Help It」('56年全米49位、R&B7位)、「She's Got It」('56年R&B9位)、「Ready Teddy」('56年全米44位、R&B8位)
言わずと知れた絶叫系ロックンロール・シンガーの代表。
Gene Vincent & His Blue Caps
「Be Bop A Lula」('56年全米7位)
ジーン・ヴィンセントの動く姿をカラー映像で観れるとは感動ものです。なお、映画に出演しているブルー・キャップスのリード・ギタリストは、オリジナル・メンバーのCliff GallupではなくRussell Wilafordで、同じくリズム・ギタリストもWillie WilliamsではなくPaul Peekです。ちなみにRussell Wilafordの方は、ブルー・キャップスのレコーディングには一度も参加しませんでした。
Eddie Cochran
「Twenty Flight Rock」('57年)
個人的には映画『The Girl Can't Help It』と言えば、最高にカッコいいエディ・コクランの歌唱シーンが真っ先に目に浮かびます。
Fats Domino
「Blue Monday」('55年全米5位、R&B1位)
ニュー・オーリンズ産のロックンロールやR&Bでヒットを連発した大スター。なお劇中披露した「Blue Monday」は、同年発表のSmiley Lewis盤がオリジナルです。
The Platters
「You'll Never Never Know」('56年全米11位、R&B9位)
説明不要の名ヴォーカル・グループで、彼らのヒット曲「Only You」('55年全米5位、R&B1位)はあまりにも有名。
Eddie Fontaine   
「Cool It Baby」('56年)
ビートルズ等がレパートリーにした「Nothin' Shakin'」('58年全米64位)のオリジネイターとしても知られるロックンロール・シンガー。
The Treniers
「Rockin' Is Our Business」('53年)
ロックンロール誕生以前から騒々しいナンバーを得意としたR&Bグループ。ちなみにこのトレニアーズは、上記エディ・フォンテインの「Cool It Baby」を同年「(We Want A)Rock and Roll President」のB面でカヴァーしています(ジャイヴ風)。
The ChucklesThe Three Chuckles
「Cinnamon Sinner」(未発売)
歌手としてよりもソングライターとして成功したTeddy Randazzoがリード・シンガーを務めるヴォーカル・グループ。なお「Cinnamon Sinner」は、Tony Bennett('54年全米8位)がオリジナル。
Nino Tempo
「Tempo's Tempo」('56年『Nino Tempo's Rock & Roll Beach Party』)
後に姉のApril Stevensとのデュオでヒットを放ったミュージシャン。劇中披露された曲はニノ・テンポの1stソロ・アルバム収録のサックス・インスト曲。

あと、ビッグ・バンド・ジャズ風の曲ですが、ラスト・シーンでのEdmond O'Brienの怪唱が印象深い、「Rock Around the Rock Pile」なる珍妙なロックンロール?も披露されています(多分映画用のオリジナル曲)。


※ DVD女はそれを我慢できない』の詳細・購入はこちらでどうぞ。
[The Girl Can't Help It/女はそれを我慢できない]の続きを読む
スポンサーサイト



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。