R&B

ここでは[R&B] に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Johnnie & Joe 『I'll Be Spinning』 ♪本文末に記事に関連した動画有

■ 今回は、最高にロマンティックな50'sR&Bバラード、「Over The Mountain, Across The Sea」でロックンロールの歴史にその名を刻んだ男女R&Bデュオ、Johnnie & Joeを紹介します。

まずはジョニー&ジョーについて簡単に触れておきましょう。
Johnnie Louise Richardsonジョニー)の母は、「Lonely Nights」のデビュー・ヒット('55年R&B8位)で知られる女性ドゥー・ワップ・グループ、The Heartsを発掘してマネージャーを務めたZelma "Zell" SandersというニューヨークのR&B界では名の通った人物でした。その関係もあって、Zell Sandersのもとに出入りしていたピアニスト兼ソングライターで、隣人でもあったRex GarvinThe Heartsのレコーディングにも参加)が彼女に紹介した音楽仲間がJoe Riversジョー)だったのです。
ゼル・サンダースは、ちょうど自身のレコード会社J&S Recordsを設立('56年6月)したばかりで、自分の娘ジョニー・ルイーズ・リチャードソンジョー・リヴァースと組ませてJ&Sからデビューさせることを決めます。そして同年10月にジョニー&ジョーとして「I'll Be Spinning」でデビューを飾ることになる訳です。
ジョニー&ジョーは続く2ndシングル「Over The Mountain, Across The Sea」で大ヒットを飛ばした後も、残念ながらヒットには恵まれませんでしたが'70年まで出来のいい曲を発表し続けます。

CD:[試聴] [amazon]
I'll Be Spinning: The J&S Recordingsジョニー&ジョーの全盛時代のCDは現在2種類ありますが、ブックレットも充実している英Ace盤『I'll Be Spinning』をおすすめします。内容は、デビュー曲から'70年までの主要なシングル曲にジョニー・リチャードソンのソロ作品や未発表曲を加えた全30曲(3分の2強が'63年までの曲)。ヒットを記録した3曲はもちろんのこと、ジョニー&ジョーの傑作ナンバー目白押しです!
ちなみにもう一つの伊Gold Dust盤『Over the Mountain』(全30曲)はほとんど'63年以前の曲で構成されていて、ライナーはあってない様なものですが、『I'll Be Spinning』に収録されていない曲も10曲近くあります。情報は要らないけどジョニー&ジョーの初期の曲を出来るだけ聴きたいという人にはいいかもしれません。

ところでジョニー&ジョーのその後ですが、実は'70年で終わりではないんです。'80年代に往年のドゥー・ワップ・グループに今一度スポット当てて、数々の新録アルバムをリリースしたAmbient Soundから最初で最後のオリジナル・アルバム『Kingdom of Love』('82年)を発表して往時のジョニー&ジョー・サウンドを披露してくれています。さらにタイトル・ソングの「Kingdom of Love」は同年シングル発売されました。快挙とも言えるこのプロジェクトは多くのジョニー&ジョー・ファンを狂喜させたことでしょう。その後もライヴ活動等を続ける2人でしたが、残念な事に'88年にジョニー・ルイーズ・リチャードソンが亡くなってジョニー&ジョーの歴史に幕が下ります。

ジョニー&ジョーの魅力はやはり、彼らの大ヒット曲「Over The Mountain, Across The Sea」に代表される様に、泥臭いR&Bとはまた違う前面に出されたジョー・リヴァースのスマートなヴォーカルとロマンティックなメロディーが一体となったバラードにあると言えるでしょう。そもそも彼らのレパートリー自体バラード系が多くを占めるんですが...
本盤はそれらのスウィートな絶品R&Bバラードがイヤというほど詰まっています。'60年代とはまた違った'50年代の“甘さ”が好きな人にはかなりおすすめの1枚です。

(収録曲目)
01 I'll Be Spinning('56年R&B10位)
Johnnie & Joeのデビュー曲ですが、この1曲からも既にロマンティックなスタイルが完成していた事が窺えます。Joe Riversのスマート・ヴォイスによる胸をえぐられる様な絶品バラードはKnock Out必至(必聴!)。曲自体が良いからか、同年すかさずカヴァーしたDoo WopグループThe Cadetsのあっさりしたヴァージョンもなかなかの出来。
02 Over The Mountain, Across The Sea('57年全米8位、R&B3位)
Ritchie Valensの半生を描いた傑作映画『ラ・バンバ』('87年)の中でも効果的に使われおり、Johnnie & Joe最大のヒットとなったRock'n'Roll史に残る大傑作(必聴!)。ロマンティックな甘いメロディーと力強さを秘めたJoe Riversの滑らかな声の調和がとにかく絶妙。'60年にはRevivalブームの影響で再度全米チャート入りして89位を記録しています。なお、Joe Rivers以外にもう一人聴こえる男声は、この曲の作者でピアニストのRex Garvinです。ちなみにこの大名曲は、Billy & Lillie ('60年)、The Orlons ('62年『The Wah-Watusi』)、Bobby Vinton ('63年全米21位)等のカヴァーがあります。こちらも曲自体が良い事もあって、どれもなかなかの出来です。
03 Over The Mountain Part 2('62年)
前曲と同じメロディーの続編ですが、間に「Across The Sea」が入るので正確には3代目と言った所でしょうか。
04 My Baby's Gone, On On('57年R&B15位)
「Over The Mountain, Across The Sea」のB面ながら、A面の後を追ってR&Bチャート入りしたミディアム・テンポのR&Bナンバー。残念ながらこの曲が最後のチャート・インとなってしまいます。
05 Feel Alright('56年)
「I'll Be Spinning」のB面曲で、A面とはうって変わってホットなRockin' R&Bになっています。バラードだけでなく、この手のRockin'ナンバーもカッコよく聴かせるあたりがまた彼らの魅力なんですよね。ところで、間奏のアドリブで派手にガナリまくっている女性はJohnnie Richardson本人?
06 Darling('58年)
07 False Love Has Got To Go('58年)
「Warm, Soft And Lovely」のB面曲。
08 Why Oh Why('58年)
「Why Did She Go」のB面曲だった弾ける様な傑作Popsナンバー(必聴!)。The Geniesの傑作Doo Wop「Who's That Knocking」('59年全米71位)を連想させるノリノリ感が最高!
09 It Was There('57年)
「Over The Mountain, Across The Sea」に続いて出された同系統の3rdシングル。ヒットしなかった理由が見当たらない程、更にドラマティックになっている傑作バラード(必聴!)。
10 My Baby's Gone (And Left Me)('58年)
Joe Riversの熱唱が光る「Darling」のB面だったR&Bの好曲。
11 Where Did She Go ?('59年)
名曲「Why Did She Go」にストリングスを付け加えて「Red Sails In The Sunset」のB面となったもの。個人的にはストリングスはちょっと耳障りな感じがします。
12 Who Do You Love ?('58年)
“Johnny & Joe”名義でGone Recordsから唯一出されたシングル。しみじみと聴かせるこの好曲では初めてJohnnie Richardsonが主導権を握って歌っています。ちなみに、どういう訳か本盤未収録のこの曲のB面「Trust In Me」は、超が付くほどのカッコいいRockin'ナンバーなんですよね(先に触れたCD『Over the Mountain』には収録)。
13 Red Sails In The Sunset('59年)
多くのアーティストがカヴァーしたWill GroszとJimmy Kennedyのペンによる'35年の作品を取り上げたもの。ちなみにこのシングルは“Johnni & Joe”名義で出されています。
14 If You Tell Me You're Mine('57年)
「I Was So Lonely」のB面曲で、どことなくクラシカル雰囲気を漂わせる名バラード。伸びのあるJoe Riversの熱唱も聴きもの。
15 We Get That Feelin'('63年)
「Speak Softly(Angel)」のB面曲。
16 There Goes My Heart (On Fire For You)('57年)
「It Was There」のB面曲で、Joe Riversの熱の入った歌唱が胸にしみるダイナミックな知られざる傑作バラード(必聴!)。
17 Warm, Soft And Lovely('58年)
ほど良いR&B感覚と甘いメロディーが融合した傑作ロッカバラード(必聴!)。それにしてもこの曲も含めて、Johnnie & Joeは素晴らしい曲を出しまくっているのにヒットしないのは腑に落ちませんよね。
18 I Was So Lonely('57年)
19 Why Did She Go('58年)
「Over The Mountain, Across The Sea」タイプの佳曲で、やはりJoe Riversのスマート・ヴォイスにウットリです(必聴!)。
20 Across The Sea('60年)
同年の「Over The Mountain, Across The Sea」の再ヒットを受けて出されたシングルで、メロディーは原曲と全く同じの歌詞違いナンバー。
21 Tell Me('70年)
「Sincere Love」のB面曲。
22 You're The Loveliest Song I Ever Heard('68年)
23 Speak Softly(Angel)('63年)
24 You Can Always Count On Me('63年)
かなりSoul色の濃厚な曲で、しかも音的には'60年代後半のSoulといった趣のちょっと意外な曲。
25 I Pray To Keep Our Love Strong(未発表)
'63年録音のJohnnie RichardsonのペンによるPopな曲。
26 Let Sleeping Dogs Lie('70年)
Johnnie RichardsonがMiss Johnnie名義で発表した、「Over The Mountain, Across The Sea」('70年盤)のB面に収められたSoulナンバー。
27 Be Sure(未発表)
'68年に録音されたJohnnie Richardsonのソロ名義によるSoulバラードですが、意外や意外、お蔵入りにしたのが悔やまれる名曲です(必聴!)。Johnnie & JoeとしてはJoe Riversのヴォーカルが際立っていましたが、Johnnie Richardsonもなかなか聴かせてくれます(目からウロコ!)。
28 Sincere Love('70年)
29 Let Your Mind Do The Walking('68年)
「You're The Loveliest Song I Ever Heard」のB面曲。
30 Jamaica - Our Thing('70年)
「False Love Has Got To Go」('70年盤)のB面として発表されたラテン調の陽気な好曲。
[スウィートなR&Bデュオ、Johnnie & Joe]の続きを読む
スポンサーサイト



  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Mickey & Sylvia 『Love Is Strange』 ♪本文末に記事に関連した動画有

■ 今回は、ホットでスパイシーなギターをラテン調のポップなメロディーに絡ませた名曲、「Love Is Strange」('56年)で大当たりをとり、ロックンロールの歴史にその名を刻んだR&Bデュオ、Mickey & Sylviaを紹介したいと思います。 
とりあえず2人の経歴を簡単に振り返っておきましょう。

まずは、『Rolling Stone』誌の“100人の偉大なギタリスト”にも選ばれたMickey Baker('25年生)ですが、16歳で故郷ケンタッキーからニューヨークに出てきて20歳で初めてギターを手にし、独学でギターをマスターした彼は、'52年にSavoyでセッション・ギタリストの活動を始めています(最初の作品はVaretta Dillardの「Easy, Easy Baby」)。同年Savoyで「Guitar Mambo」等のソロ・レコードも出しますがそちらは全く話題にもならず、もっぱらセッション・ギタリストとして評判を高め、その後はRay CharlesRuth Brownをはじめ数え切れないくらいのレコーディングに参加。
そういえば、主にR&Bのセッションでギターを弾いていたミッキー・ベイカーが、'56年に珍しく白人ロカビリー・シンガーJoe Clayのレコーディングに参加しているんですが、その時吹き込まれた「Cracker Jack」('89年にThe Polecatsが2ndアルバム『Won't Die』でカヴァー)なんて白人のロカビリー・ギターとはまた違った魅力の黒光りするワイルド・ギターで最高なんですよね。

一方Sylvia Vanderpool('36年生)は、'50年にトランペッターで歌手のHot Lips Pageとのデュエット、「Chocolate Candy Blues」でColumbiaからレコード・デビュー後、'51年にSavoyからLittle Sylvia名義の「Little Boy」でソロ・デビューを飾っており、既にプロの歌手として活動していました。
そしてこの2人が出会うのは、'53年に行なわれたシルヴィアのCat Recordsでのレコーディングで、ギタリストとしてミッキー・ベイカーが参加した「Fine Love」は'54年に“Litte”Sylvia Vanderpool And Mickey Baker And His Band名義で発売。それからシルヴィアミッキー・ベイカーにギターのレッスンを受ける等2人は親交を深めており、Les Paul & Mary Fordのロックンロール版をやったら面白いんじゃないかというミッキー・ベイカーのアイデアでデュオ結成し、ミッキー&シルヴィアとして'55年にRainbowからデビューします。

CD:[試聴/amazon]
Love Is Strange: A Golden Classics EditionさてここでCDを紹介しておきましょう。彼らは大スターというほどではないので豊富にCDが発売されている訳ではなく、入門用CDはベスト盤であるこの『Love Is Strange: A Golden Classics Edition』しかありません。
内容は'55年から'60年までにRainbow、GrooveとVik(共にRCA傘下のR&Bレーベル)、RCAで録音した彼らの全盛期の音源で、ミッキー&シルヴィアとしてのチャート・ヒットはほぼ全て収録されています(全18曲)。
彼らの魅力はやはり、コテコテのR&Bではなく、主にラテン調のメロディーをとり入れたポップなサウンドと、ブルース・ギターの名手ミッキー・ベイカーの切れ味鋭くうなりをあげるワイルド・ギターにあると言えるでしょう。この辺りがオールディーズ・ポップス・ファンにもロックンロール・ファンにも好まれる所以ですよね。また、シルヴィアは特別歌が上手い歌手ではありませんが(ミッキー・ベイカーも)、時折見せる彼女のセクシーさを漂わせたヴォーカルも隠れた魅力の1つかもしれません(意外とクセになります)。

ところでミッキー&シルヴィア解散後の2人ですが、実はこっちでも目覚しい活躍をしているんです。ミッキー・ベイカーは'62年にパリに渡り、セッション活動を続けるとともに多くのソロ・アルバムを発表し、さらにはギター教則本まで出しています。そして、特に目覚しい活躍をしたのはシルヴィアの方。Sylvia Robinsonの名でレコードを出し続けていた彼女は、'68年に夫のJoe RobinsonとAll Platinum Recordsを設立して、'73年には系列レーベルのVibrationからSylvia名義で発表した「Pillow Talk」(全米3位、R&B1位)で大ヒットを飛ばし、さらに'74年に設立したSugar Hill Recordsでは、ラップ・ミュージックの最初のヒットと言われるSugarhill Gangの「Rapper's Delight」('79年全米36位、R&B4位)のプロデュースも手がけています。

(収録曲目)
① Love Is Strange('56年全米11位、R&B1位)
Grooveから2枚目として発表された彼らにとって最初のそして最大のヒット曲。ラテン風味のポップなメロディーと切れ味鋭いギターが見事に融合したこの曲は、作者としてクレジットされていませんが、R&RのオリジネイターBo DiddleyとBluesギタリストJody Williamsの共作曲で、それをMickey Bakerが譲り受けたもの。ちなみに、作者にクレジットされているEthel SmithとはBo Diddleyの奥さんのこと。 
② Se De Boom Run Dun('55年)
「I'm So Glad」のB面で、後に彼らのトレード・マークとなるラテン調ナンバーの第1号。
③ Where Is My Honey('55年)
Rainbowでのラスト・シングルとなったこの曲は、既に'54年にMickey BakerがLarry Daleの歌をフィーチャーして発表していた曲(完成度は'54年盤よりも高い)。このポップな曲の間奏は、かなりスパイシーなギターで味付けしています(必聴!)。 
④ I'm So Glad ('55年)
彼らのデビュー曲となったポップなR&Bで、Mickey Bakerのチャーミングなギター・ソロも聴きもの。
⑤ Rise Sally Rise('55年)
Rainbowでの2ndシングル「Forever And A Day」(本盤未収録)のB面で、ワイルドなブルース・ギターを披露したノリのいいRockin' R&B。
⑥ No Good Lover('56年)
Groove移籍後の1stシングルですが、ヒットしなかったのが不思議なくらいめっちゃカッコいい曲。出だしから電光石火のワイルド・ギターが炸裂し、間奏での縦横無尽なRockin'ギターも圧巻の大傑作R&R(必聴!)。曲に合わせてでしょうか?Sylviaのヴォ-カルもワイルドで◎。
⑦ Walkin' In The Rain('56年)
「No Good Lover」のB面で、狂乱のA面とはうって変わってラヴリーなR&Bバラード。
⑧ I'm Going Home('56年)
「Love Is Strange」のB面で、ニュー・オーリンズR&B風の曲。
⑨ There Oughta Be A Law('57年全米47位、R&B8位)
「Love Is Strange」(Vikでも第1弾として再発)に続いてVikから発表した前作同様ラテン調のポップな曲。ギター・フレーズもユニークでクセになるほど耳に心地いい好曲(必聴!)。
⑩ Dearest('57年全米85位)
「There Oughta Be a Law」のB面で、Bo Diddleyのペンによるラテン調のスウィートな傑作バラード(必聴!)。Mickey Bakerの切ない鳴きのギターも最高!なお、この曲と「Love Is Strange」は、Mickey & SylviaのファンだったBuddy Hollyが、死の直前の'59年1月にアコースティック・ギターのみの伴奏で録音しており、彼の死後インストゥルメンタルがオーヴァー・ダブされて、それぞれ『Showcase』('64年)と『Giant』('69年)で初めて世に出ています。
⑪ Bewildered('58年全米57位)
BluesピアニストAmos Milburnの'48年の大ヒット(R&B1位)として有名な曲を「Love Is Strange」風のラテン調メロディーでカヴァーしたムーディーなバラード。数多くのカヴァーを生んだこの名曲は、元々'36年にTeddy PowellとLeonard Whitcupが作ったポピュラー・ソング。
⑫ Mommy Out De Light('60年)
'58年暮れに1度解散した彼らが'60年に再結成後RCAからリリースした第1弾。ストリングスも入ってかなり洗練されたスウィート・ポップスになっています。
⑬ This Is My Story('60年全米100位)
「What Would I Do」のB面 で、オリジナルはウエスト・コーストの男女R&Bデュオ、Gene & Euniceが'55年にR&B8位を記録した甘~い極上バラード。
⑭ Say The Word('57年『New Sounds』)
彼らの上記1stアルバムで発表された本盤中唯一のアルバムのみの収録曲。
⑮ Love Is A Treasure('57年)
騒々しくブルージーなギター・イントロで幕を開けるスローなナンバー。
⑯ What Would I Do('60年全米46位)
'56年に全米20位(R&B1位)を記録した「Let The Good Times Roll」で有名な男女R&Bデュオの草分け、私も大好きなShirley & Leeの'56年の曲「That's What I'll Do」をストリングス入りのドラマティックなアレンジでカヴァーしたもの。
⑰ Oh Yeah! Uh-Huh('58年)
RCAからの1stシングルで、Sylviaのヴォーカルが悩ましげにタイトルをささやくミディアム・テンポのキャッチーなR&R。
⑱ Love Will Make You Fail In School('57年)
「There Oughta Be A Law」に続いてVikから発表されたラテン調のポップ・ナンバー3連発の最後。残念ながら3曲連続ヒットとはなりませんでしたが、ポップなメロディーにMickey Bakerの雷鳴轟くワイルド・ギターが絶妙にブレンドされた知られざる傑作曲(必聴!)。以前紹介したRocky Sharpe & The Replaysが1stアルバム『Rama Lama』でカヴァーしていました。 

ブルース・ギターの達人ミッキー・ベイカーが、シルヴィア・ヴァンダープールシルヴィア・ロビンソン)と組んで演じた独自のポップなリズム・アンド・ブルースは1度聴いたらヤミツキになること間違いないでしょう。全てのオールディーズ・ファンにおすすめのアーティストです。


※ iTunes Storeミッキー&シルヴィアの曲をダウンロードする場合はこちらでどうぞ(試聴可)。1曲から購入できます。iTunes(無料)がインストールされていない場合は、アプリケーションのダウンロード・ページが開きます。
[ポップでスパイシーなR&Bデュオ、Mickey & Sylvia]の続きを読む


  ★ ただいま、各ブログランキングに参加中です。応援お願いします<(_ _)>
  FC2ブログランキング  人気ブログランキング  JRANKブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。